観光立国、天災の試練 訪日敬遠「情報不足」

2018/09/15(土) 16:37:32.51
観光立国、天

普段は記念写真を撮る観光客でにぎわう小樽運河。外国人観光客の減少で人もまばらだった=北海道小樽市で2018年9月14日午後0時11分、竹内幹撮影
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/09/15/20180915k0000m040143000p/6.jpg

 国内有数の人気観光地を抱える北海道は、地震の影響で震源地から離れた観光地も軒並み閑散としている。
観光振興の目玉にしていた外国人旅行客のキャンセルも相次いでおり、重要な産業の一つである観光業の失速で地域経済全体が冷え込むことに懸念が広がる。
地震の直前に列島を直撃した台風21号でも関西国際空港が閉鎖され、関西各地で外国人観光客が姿を消した。
政府は2020年までに訪日外国人(インバウンド)4000万人の目標を掲げ、「観光立国」の実現を目指すが、災害大国の課題を突きつけられた。

 関西各地でも、台風21号の影響が訪日外国人でにぎわう観光地に影を落とす。
昨年初めて訪日外国人が1000万人を突破した大阪では、大阪城天守閣(大阪市中央区)の入館者数が今月1〜12日は昨年同時期より約35%減の約5万人となった。
担当者は「館内も日本人の割合が目立つ」と話す。

 相次ぐ災害で政府は、実際の被害以上にリスクがあるとのイメージが海外で持たれ、今後の訪日客に影響が出ることを懸念する。
海外では今回の地震や台風のニュースが東日本大震災の映像と合わせて放送されたり、誤った情報が発信されたりしたケースがあったという。

 日本政府観光局は地震発生翌日の7日から、北海道の地震と台風21号に関する重要情報をホームページに英語や中国語などで掲載。
「今回の地震で津波の危険はない」と情報発信を始めた。さらに英語、中国語、韓国語で外国人旅行者からの問い合わせに24時間対応する電話窓口を設けるなど対応に追われた。

道内閑散 札幌・ホテル稼働率3割/小樽・建物被害無いのに

 札幌の奥座敷、定山渓温泉(札幌市南区)。
定山渓観光協会によると、6日の地震の揺れは震度3で施設に被害はなく、停電も翌朝には復旧。
約20軒あるホテル・旅館は、ロビーの照明を暗くしてエレベーターを間引き運転するなどの節電に取り組みながらも、通常通り営業を続けている。
だが地震直後から予約のキャンセルが相次ぎ、年内は計約3万人、3億3000万円分が取り消された。
全体の予約の6割に当たる。

 同協会の橘真哉マネジャーは「10月にかき入れ時の紅葉シーズンを迎えるが、このままでは死活問題だ」と話す。
JR札幌駅直結の「JRタワーホテル日航札幌」も今月分の予約は2000件のキャンセルがあり、9割を超えていた稼働率が3割まで低下した。

 小樽市の旧運河近くにある「小樽堺町通り商店街」は、菓子や手作りガラスなどの有名店が建ち並ぶ人気観光スポットで、普段は観光客でにぎわう。
停電は7日夜に全面復旧し、建物被害もないが、晴天に恵まれた14日も、観光客の姿はまばらで、観光バスでいっぱいになる駐車場も半分以上空いていた。

 9月は祝日が多く、本来なら大事なかき入れ時だ。
しかし商店街で20年以上カニを販売する高橋一彦さん(60)は「開店休業状態だよ」と嘆く。
停電で水槽の温度調整ができなくなり商品のカニは全滅。
水槽の掃除を終え、8日にようやく営業を再開したが、肝心の客足が戻らないという。
千葉勇己さん(36)が営む昆布店も、地震後の売り上げはほとんどなく、14日からは日中の従業員を1人減らしたといい「この状態が続いたら、倒産を考える店も出てくる」と危機感を募らせる。

 函館市の国指定特別史跡・五稜郭跡を一望できる観光名所「五稜郭タワー」は、7日に停電から復旧し営業を再開した。
この日は1143人の利用があったが8日は747人、9日476人と激減。
団体予約客のキャンセルはこれまでの概算で5000〜7000人にも上り、この時期なら何重にも順番待ちの列ができる展望台へのエレベーター前は、閑散としている。

 同タワーは「道央入りを予定していた人などが安全を考慮したのかも」と分析する。【三瓶杜萌、山田泰雄】

全文はソースをご覧ください
https://mainichi.jp/articles/20180915/k00/00m/040/138000c
2018年9月14日 22時05分(最終更新 9月15日 02時21分)

60名無しさん@1周年2018/09/15(土) 17:42:46.47
原発動かして、安定電源を確保していればこんなことにはならなかった
放射脳・規制委員会・左巻マスコミの責任は重大
61名無しさん@1周年2018/09/15(土) 17:44:26.74
中国人ツアー客がいなくなり、ぼったくり価格(今までの倍以上)を平常に戻せば日本人客戻るよ
旅行者は中国人を避けていかに快適に泊まるか頭悩ませてるからな…
旅行やホテル情報サイトの人気検索ワードが「中国人 いない ホテル」「中国人 いない 観光地」な時点でもうねw
中国人ツアー客と同じ会場でバイキング形式の食事させるようなホテルは敬遠され、割高でも部屋食や個室で懐石料理出すようなとこが大人気なんだよな
1泊数万円出せない人は、本当は行きたいけど諦めてるだけ
いい機会だから風評被害がなんたらと火消しせずにほっとけばいいよ
62名無しさん@1周年2018/09/15(土) 17:45:32.25
札幌の街はほんと観光客減った 特に中国人は全然というほどいなくなった
63名無しさん@1周年2018/09/15(土) 17:48:27.94
災害の周期性を考えると危険度の高い地域には過剰な投資を行ってはいけないのだが豊洲などを見ての通り過剰な投資が行われてしまった
64名無しさん@1周年2018/09/15(土) 17:51:36.33
武田先生が言っているが、ブラックアウトの原因は、制御担当者が余程のノータリンか、
わざとやったらしいのどちらからしいです。発電所と需要者が直結されているわけじゃなく、
途中に変電所が有るから、変電所が分配制御すればあんなことは絶対に起きないとのこと。
まあわざとやったのが正解なんでしょうね
65名無しさん@1周年2018/09/15(土) 17:57:55.12
>>64
まさかの社会実験説?
66名無しさん@1周年2018/09/15(土) 18:02:46.06
>>61
中国人は、食事の後に所かまわずゲップするからキモイ。
朝からそんなの聞かされようなホテルには、一般の日本人は寄り付かんな。
日本の観光地のほとんどは、そのレベルの外国人で持ってるのが現実だ。
しかし彼らとて、命がけで、外国にいこうとは思わんよな、いくら底辺層でも。
大した金もかからず安全だと思うから来るわけだから、近頃の日本の自然災害関係は致命的だよ。
67名無しさん@1周年2018/09/15(土) 18:02:49.95
経済的に打撃を受けるのは理解できるが、支那人や朝鮮人が少なくなるのは正直有難い

電車に乗れば大声で騒がしいし、百貨店やスーパーでは買いもしないのに生鮮食品を手で触ったり、本当にマナーがなってない奴らばっかりだし…

台湾やその他のアジアの人達は、あまりそんな事無いのに何故なんだろな?
68名無しさん@1周年2018/09/15(土) 18:05:10.45
>>67
大陸側は文化大革命やらなんやらでまともに道徳教育を受けてないんだろ。
69名無しさん@1周年2018/09/15(土) 18:09:06.42
年末年始寒さに耐える冬の釧路湿原探索一人旅を決行するつもりだったが、
北海道復興の邪魔をする訳にはいかんので涙を拭って中止することにした。