出土した甕棺から王族の「歯」発見、きょうから公開 弥生中期、北部九州の中心「奴国の様相捉える貴重な成果」 春日市教委

2018/09/15(土) 19:16:58.69
出土した甕棺

成果展で公開される出土品の歯
https://www.nishinippon.co.jp/import/f_toshiken/20180915/201809150004_000.jpg

 春日市教委は、市内の須玖(すぐ)遺跡群・須玖岡本遺跡の岡本地区から出土した甕棺(かめかん)から、「奴国(なこく)」の王族の歯を発見したと発表した。奴国は魏志倭人伝に記された、弥生時代の北部九州の中心的な国。同地区の王族墓から歯が見つかったのは初めてで、市教委は「弥生中期前半の奴国の様相を捉える貴重な成果」としている。15日〜10月28日に「奴国の丘歴史資料館」(同市岡本)で開く「須玖遺跡群発掘調査成果展」で公開される。【桑原省爾】

 須玖遺跡群は市北部にあり、南北2キロ、東西1キロに広がる全国有数の弥生時代の大集落跡で「奴国の王都」と呼ばれる。須玖岡本遺跡はその中心的存在。この中の岡本地区での20次調査(2015年3月)で、紀元前約150年の国内最大級の王族墓とみられる甕棺墓が見つかった。

 周辺の土と一緒に甕棺を液体窒素で冷凍固化して取り出し、土を落とすと、絹織物に包まれた副葬品の銅剣や把頭飾(はとうしょく)(柄飾り)と共に14本の歯が確認された。第3大臼歯(親知らず)を含む歯のすり減り具合から、葬られたのは20代の成人とみられるという。

 成果展では、歯と甕棺をはじめ前漢鏡などの副葬品や鋳型など、初公開の約25点を含む考古遺物を中心に226点を展示する。

毎日新聞 2018年9月15日
https://mainichi.jp/articles/20180915/ddl/k40/040/428000c?inb=ra
西日本新聞 2018年09月15日 06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/449779/

50名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:22:51.31
>>48
JIJI、入れ歯かよw
51名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:24:22.65
>>1
邪馬台国の卑弥呼

ヤマト国の日の巫女

天照大神

ヤマトはズバリ 福岡県の山門・八女・瀬高・筑後市あたりを指す
日御子はこの地方の出身神道の巫女で強い霊力を持ちカリスマだった
吉野ヶ里を含め北部九州を収めたときに居城を甘木に構えていた

没するときには糸島、前原にいた
52名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:26:55.67
>>51
スケールが小さ過ぎw
53名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:28:55.57
>>36
その与太話を広めているのは、詐話師 、極左、在日、北朝鮮だとさ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536452744/279
54名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:30:05.97
>>1
甕棺葬は
日本の成立を確かめるときに重要なKeyだ・・・・
55◆HKZsYRUkck 2018/09/16(日) 00:32:52.06
>>49
ヤマト王権の始祖である神武に臣従したのは久米族だから、安曇族は
関係ない気がする。彼らは、宗像族と入れ替わりに九州北岸を追われて東に向かうよね。
いったん淡路に落ち着いてから畿内をすっ飛ばして東国各地に拡散する。
神功皇后伝説の安曇のイソラ伝説によると、安曇族の東遷と住吉神の伸長とは
同時期で、これまた作為的だ。
56名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:33:37.00
歯が出て脚光を浴びるのは遺跡
歯が出て炎上するのはファーストフード
歯が出て笑いを取るのは明石家さんま
57名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:34:48.57
倭奴国は、倭の奴国なのではなく、
倭奴(わど)の国という意味だろ。
匈奴とかと同じで、倭の蛮族の国という意味。
58名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:37:45.99
>>13
はあ?w
59名無しさん@1周年2018/09/16(日) 00:41:06.43
>>51
巫女じゃなくて女子(メコ)だろ。
周りの王が〇〇ヒコ(=日の子=王)なんだから、
ヒミコじゃなくて、ヒメコ(=日の女子=女王)だろ。
後のヒメ(姫)の語源