江戸時代の画家 伊藤若冲 欧州初の作品展 内覧会で称賛の声

2018/09/16(日) 06:53:44.87
江戸時代の画

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180915/k10011631331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_091

江戸時代の画家 伊藤若冲 欧州初の作品展 内覧会で称賛の声
2018年9月15日 7時22分

江戸時代の画家、伊藤若冲の作品の展覧会がヨーロッパで初めてフランスで開かれるのを前に内覧会が開催され、多くの地元メディアが訪れました。

この展覧会は、日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム2018」に合わせてパリ中心部の美術館で開かれるもので、開会前日の14日の内覧会には、地元メディアの関係者100人余りが訪れました。

展示されているのは、江戸時代中期に京都で活躍した画家、伊藤若冲の代表作、「動植綵絵」など30点余りです。

若冲の展覧会がヨーロッパで開かれるのは今回が初めてで、訪れたメディア関係者は、色鮮やかに写実的に描かれた作品を細かく観察したり、絹の裏からも色を塗って独特の色合いを出す技法について学芸員に熱心に話を聞いたりしていました。

地元テレビ局の記者の女性は「豊富な色とすばらしい技術に驚きました。初めて見る人には、本当にいい出会いになると思います。ほかにはないものです」と話していました。

また、美術雑誌の記者の女性は「作品が輝いていて、色使いや描写の技術がすばらしい。すべての人にこの展覧会を薦めたい」と話していました。

動植綵絵を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の太田彩主任研究官は「動植物が自然に持っている美しさや生命力を描こうとした若冲の作品を、ヨーロッパの人たちがどう感じるのか、楽しみです」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180915/K10011631331_1809150716_1809150722_01_02.jpg
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180915/K10011631331_1809150715_1809150722_01_03.jpg

164名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:02:22.20
狩野博幸って最初はてっきり狩野の末裔かと思ったわ。みんなそうだろうけどw
165名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:05:29.46
>>164
狩野派のファンで芸名、ペンネームで狩野って名乗ってると思ってた
166名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:08:42.46
>>163
自称がそんなにいるのか
狩野博幸は上にもある2000年京博の没後200年展やったりしてるけど
167名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:09:47.97
京都の図録は値上げして構わんから再販してほしい
168名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:10:06.71
>>164
ドーベルマン刑事のファンで加納だとバレるから狩野なんだと思ってた
169名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:11:43.83
>>151
基本岩絵の具
顔料だから褪色には強いはずだけど...
170名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:13:33.17
>>167
行ったとき買えず、そのまま売り切れになったんだよな....
171名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:14:16.48
>>137
世界的といっても西洋と日本ではということだね。
日本人は教養があるから、西洋美術の価値を西洋人と共有できるし、
書かれた書物や、美術全集は印刷技術がすぐれているから西洋人が
欲しがるほどのものが何種類もある。自国の美術芸術に加えて、中国
やインド美術(東洋美術)の分野の高レベルの自国語の専門書もある。
そういった国は実は日本以外には残念ながら、世界にはないんだよ。
172名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:18:29.97
>>2
なにもわかってねーなお前


この絵を描いたのが18世紀半ばであることを考えると、若冲は印象派の画家より100年も前に光を意識して描こうとしていたことになる
173名無しさん@1周年2018/09/16(日) 14:18:57.36
>>166
自称「ウォークマンの産みの親」も沢山いるしねw

全く関係なかったのに「自分がブームの仕掛け人」と言ってる奴もいるだろうけど
多いのは「真の仕掛け人」に踊らされただけの「子仕掛け人」「孫仕掛け人」が
自分こそが仕掛け人と勘違いしてるパターンじゃないかな
関連記事