月17万円でも苦しい… 「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす★3

2017/11/10(金) 10:17:07.85
月17万円で

・貧困の定義って? ・「貧困たたき」をするのは誰か ・大人たちの「理想の子ども観」

「飢えて倒れるほどではないけれど、貧困状態」という子どもの暮らしって、想像できますか? 子どもの貧困問題は、極端に貧困な子どもに注目が集まりがちですが、生活保護を受けてはいないけれど、生活が苦しいという家庭も少なくありません。そういう家庭の家計簿をつけてみることで、どんな暮らしなのかを理解するワークショップを考えた人がいます。聞いてみました。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

■両親と子ども1人、月収17万円

 こどもソーシャルワークセンター(大津市)の代表で社会福祉士の幸重忠孝さんです。

 家計簿体験は、37歳の両親、中学1年の子どもの3人家族、収入は月17万円という設定で行います。もちろん家庭によっていろんな違いがありますが、「極端ではない貧困」のひとつの事例です。

 参加者は、17万円から住居費や食費、教育費などを割り振っていき、「極端ではない貧困」の暮らしを追体験します。

 実際に幸重さんの家計簿体験に参加した人たちの様子は、こちらの記事で詳報しています(動画あり)。
 http://www.asahi.com/articles/ASK7G7W81K7GPTFC01X.html
 
 また、家計簿体験のやり方や詳細は、「子どもの貧困ハンドブック」(かもがわ出版)にも掲載されています。

 やはり、貧困を極端なイメージでとらえている人は多いのでしょうか。

 「多いですね。ご飯をろくに食べていない、服がボロ、家もボロといったイメージ。学校の先生も貧困に気付いていないことがあります」と、幸重さん。

■月17万円の暮らしを体験

 そして、次に17万円のワークに移ります。

 「それまでワイワイ議論していたのが、みんな頭を抱え始めます。それぞれの費目に最低限必要な金額を置いていったら、もう残らない。金額の置き方も、各グループとも差がありません。そこで『貧困というのは、選択肢がない生活なんですよ』と説明します」

 「これ以上収入が少なければ、生活ができませんから、生活保護になる。17万円って、公的支援はほとんどありません。たった1〜2万円の支援でも当事者には大きいと、分かりますよね」

 「だいたい、削れる費目って、住居費、食費、教育費、交際費しかないんです。だから、子どもの貧困支援で、子ども食堂とか、進学支援とか、この費目にあたる部分の支援が必要ですよねと説明すると、説得力をもって聞いてもらえます」

 このワークショップをやった後、人々の貧困に対する認識は、どう変わるのでしょうか。

 「貧困の何が課題なのか、具体的にわかったと言われますね」

 そのイメージをくつがえすのは、なかなか大変です。

 幸重さんは、「エピソードだけで貧困を知ってもらうことの限界」と指摘します。

 たとえば、貧困問題を知ってもらうために、次のような話をするとします。

<ある子と一緒にお風呂に行ったら、うまく髪を洗えない。髪をぬらさずに、シャンプー液をペタっとつけてしまう。なぜなら、その子は親子で風呂に入る経験がなかったから、親に教えてもらっていない>

 「社会の多くの人にとって当たり前のことができない」ということを示す端的なエピソードですが、だからといって、この家庭が衣食住に事欠き、子どもが毎日飢えているとは限りません。服が破れているとは、限りません。

 でも、このエピソードだけを聞くと、「きっと食事も満足にとれず、悲惨な暮らしをしているんだろう」と想像してしまう人もいます。

 「映像資料は特に、ドラマチックに、悲惨に描きがちですよね。『もうそれは生活保護じゃないの?』という暮らしをしている印象になってしまう。暮らしの90%は地味なのに、10%の端的なエピソードを出すことで、100%ひどい暮らしなんだと思われてしまう」

 そこで2014年から続けているのが、家計簿体験だそうです。

 これなら、実際の貧困家庭は何ができて、何ができないのか、誤解が減ります。 >>2以降に続く

withnews  2017年11月08日
https://withnews.jp/article/f0171108003qq000000000000000W03j10101qq000016214A

★1が立った時間 2017/11/09(木) 20:27:46.54
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510234536/

295名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:04:13.02
>>293
貧困とはこういうレベルの話だから
 
自分自身の努力不足・判断ミスを棚に上げて
平均より収入が少ないから(相対的貧困)金を寄こせって
ムシが良すぎませんかね?
296名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:08:49.95
>>1
えー17万ももらって厳しいですか?
297名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:08:59.12
ナマポは貧困じゃねーし
働かないで収入得てる有能不労所得者ですし
298名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:09:11.96
自分で好きな金額書いていくなら理想の贅沢ができないであって貧困ではない
299名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:11:19.82
相対的貧困なんてただの言葉遊びやん
そういうことやるから「貧困」って言葉に重みがなくなってきちゃったる
300名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:12:08.90
前川さんの知恵借りようぜ
301名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:12:11.86
>>295
生れながら貧しい人も居るだろ
お前の言う通りゴミを漁るレベルが貧困であるなら日本に存在する貧困はホームレスだけですね
飯も満足に食べられない、服も買えない、風呂にも入れない、そんな生活もお前の価値観だと日本の人並みのくらしの範疇であると?
この想像力や思いやりの欠如はなんなんだろう?
302名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:13:39.92
貧困か、貧乏か、絶対的か、相対的か、そういう言葉の問題は正直どうでもいいんだが
強いて言えば絶対的貧困の定義の方が変だと思ってる
一日1.25ドル以下でなければ貧困にならないわけだが
先進国で1.25ドルは普通に餓死するだろ
貰い物だったり公園の水にもちゃんと対価を払ったらな
303名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:22:23.48
>>301
>この想像力や思いやりの欠如はなんなんだろう?
 
ナマポを受けている奴の反対サイドには
それにかかる費用を負担している納税者がいる
生れながら貧乏であろうと何であろうと
いい加減な奴のために税金のムダ遣いを許すほど心は広くないんでね
304名無しさん@1周年2017/11/10(金) 14:23:15.89
お前ら貧乏人からしたら
ナマポは甘えであり、贅沢してるように見えるんか。
関連記事