米国防総省は「鉄壁の安全保障続ける」事前に告知なかったか

2018/06/13(水) 15:56:38.65
米国防総省は

http://www.bbc.com/japanese/44463714

米国防総省「鉄壁の安全保障続ける」 トランプ氏は米韓軍事演習の中止表明

2018/06/13

ドナルド・トランプ米大統領が米韓両国軍の合同軍事演習を中止すると表明したのを受け、米国防総省は12日、同盟国に約束している「鉄壁」の安全保障体制は継続すると強調した。

トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との歴史的な会談の後に記者会見し、軍事演習停止を発表した。北朝鮮に対する大きな譲歩だとみられている。
これについて北朝鮮の国営・朝鮮中央通信(KCNA)は、「互いに対する不快で敵対的な軍事行動」を停止することが「急務」だという、金委員長の談話を伝えた。

会談後の最初の談話で、金委員長はさらに両国が「お互いへの敵対行為を控えるよう努力」し、軍事行動停止を「保証する法的かつ組織的手立てを講じるべきだ」と述べた。
KCNAはさらに、金委員長がトランプ大統領を「都合のいい時期に」平壌に招待し、トランプ氏も金氏を米国に招いたと伝えた。
「両首脳は互いの招待を喜んで受け入れた」とKCNAは伝えている。

「戦争ゲーム」と呼ばれることの多い合同軍事演習は韓国で、韓国軍と在韓米軍が共同で行っている。
史上初の米朝首脳会談となった金氏とトランプ氏の会合は、核兵器の放棄と地域の緊張緩和が主眼に置かれた。両氏は計1枚の合意文書に署名した。

しかしその後の記者会見でトランプ大統領は、合同軍事演習の中止を新たに発表した。
大統領はさらに、在韓米軍を引き上げたいと述べたが、時期については明言しなかった。
米政府はこれまで合同軍事演習の必要性を主張していたが、トランプ大統領は「挑発的」だと呼んだ。また、周辺地域の同盟国には事前に告知していないことをうかがわせた。

米国防総省は事前に知っていた?

ジェイムズ・マティス国防長官は11日、在韓米軍の規模が首脳会談の議題になるとは思っていないと話していた。そうした協議が予定されているなら、国防長官として知っているはずかと記者に質問されると、「もちろんそのはずだ」と答えていた。

しかし国防総省はその後、国防長官の頭越しに大統領が在韓米軍について金委員長と協議したわけではないと強調した。ダナ・ホワイト報道官は、マティス長官は事前に相談を受けていたと話した。
BBCに対する文書回答でホワイト報道官は、「我々の同盟は今も鉄壁で、この地域の平和と安定を保証する」と述べた。

韓国の反応は?

韓国の青瓦台(大統領府)は、トランプ大統領の発言について「正確な意味や意図を確かめる」必要があると述べた。
ロイター通信によると、同国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日夜、トランプ大統領と20分の電話会談を行ったが、公表されたやりとりでは合同軍事演習への言及はなかった。
(中略)

<分析>ひっくり返った政治――アンソニー・ザーカーBBC北米担当特派員

2年前、バラク・オバマ前米大統領がキューバを訪れた。全体主義国家の首脳と仲良くしたと、保守派はオバマ氏を批判し、リベラルはその政治的手腕を称えた。ドナルド・トランプ氏が金正恩氏と会談した今、状況はほとんど逆転した。

トランプ氏は保守派のフォックス・ニュースや支持基盤から、歴史的な外交の突破口を開いたと絶賛された。一方で民主党関係者の間には、成功の見込みがほとんどないPRパフォーマンスに過ぎないという懸念が少なからずあった。
米議会の共和党議員たちは、慎重に反応している。たとえばミッチ・マコネル上院院内総務は、「歴史的な第一歩」とさかんに言われているものの、まだ交渉されていない検証方法の詳細がどう転ぶか懸念されていると指摘した。

米国と北朝鮮の国旗が横に並んでいた光景に落胆したという保守派もいる。北朝鮮のこれまでの人権侵害からすれば、トランプ氏の金氏に対する優しい態度や言葉はやりすぎだったという保守派の意見もある。
保守派のブロガー、アッラーパンディットは「言うまでもないが、オバマがこれをやったらただでは済まさなかった」と書いている。

12日の出来事は、たった16カ月で米国政治が、そして国際政治が、いかにひっくり返ってしまったかを示す、最新の事例だったのだ。
(英語記事 US reassurance after Korea war games halt)

97名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:38:57.72
さっさと米韓同盟解消しないとな、韓国は完全にレッドチームだ
98貴乃花親方は一兵卒2018/06/13(水) 17:41:39.65
マティスも韓国政府も記者会見聞いてひっくり返ったみたいたなw
しかも記者の質問に答える形でこんな事言い出すんだもんなw

ルーピー大統領の尻拭い大変だなwwww
99名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:42:01.22
日本、一人勃起ww
永遠の国連敵国条項継続か?
100名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:43:43.42
大体、指揮官の家族が引き上げてるの直視しろよ。
レセプションの都度嫁さん横田やら嘉手納から韓国に行ってるw
101名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:45:18.30
もう韓国を守らないということか
102名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:46:13.48
605名無しさん@1周年2018/06/08(金) 10:46:12.24ID:SMucg0tH0

神様、といっても神道の神様か仏様かお天道様か聖書の神様か判然としませんが、
この世をつくられた神様にずっと祈ってメッセージをいただいてきた者です。

北朝鮮問題は、どうやら平和のうちに終結することはないようです。多くの方々は
戦争を忌み嫌います。当たり前です。私もそうです。しかし、平和を維持できていない
哀れな人々のことは、忘れがちです。かりに自分たちが平和でも、たとえば北朝鮮の多くの
庶民は飢餓状態です。中東でも、アフリカでもそうです。貧富の差が乖離し過ぎているのです。
平和が維持できないのは、人間が不完全だからです。そして自分たちの安寧・平和だけをみているからです。

また、拉致被害者の件もそうです。自分たちの身内がもし拉致されているのなら、どう思うでしょうか? 
自分たち以外の者の平和も考えられるように「心の目が開かれる必要がある」とのことです。

ところでこの度、極めて悲しい事件が起こりました。目黒女児虐待死事件です。これを神様は
激しくお怒りのご様子で、この悲しい事件でもまだ目を覚まさない日本人にある種の答えを
出されました。

北朝鮮関連は平和のうちに解決できないでしょう。平和を勝ち得るためには犠牲が必要なのです。
偽善者には理解できないでしょうが、平和とは、愛と厳しさに裏打ちされた行動と犠牲の結果得る、
いつも背後にそれが隠されているのです。たとえば早くも北朝鮮の民主化以降の経済のあれこれを
議論している人間は、その前に北朝鮮の飢えた多くの無辜の人々、拉致被害者およびその家族のことに
少しでも真摯に向き合い、心を向けるべきなのです。

日本人は比較的恵まれている人間が多いのですが、この度のように悲しい幼児虐待事件、多くの自殺、
いじめ、日大の事案にも似た政治家・官僚・大企業の不正等問題が多い国です。何が平和を語れましょうか。

日本人は特アの人間のようであってはならないのです。自らを律し、手本になり、もっと清貧になり、分かち
合わねばならないのです。そのような高貴な民族なのです。しかし現実は特アの国々と大差ないほど極めて
情けない状態です。多くの者が自分だけの平和、カネ、快楽、欲望、楽したい、友達に優越感を示したい、
そのようなことばかりに血道をあげています。愛を分かち合わないのです。欧米はキリスト教が背景にありますから
もっともっと寄付や慈善活動に力をいれる富裕層が多いのです。日本人は目先の平和を美辞麗句並べて主張し、
口ではきれいごとを言いますが、その内実はまさに口だけ、偽善、偉そうなことを言いながら自分は指一本触れない、
びた一文出さない、何も行動しない、そのような者が多いのです。そのような者がある一定の数を超えた時、
神様は判断されるのです。忍耐はここまでです。

きたる米朝会談、北朝鮮関連はあなたがたの予想と異なり、さまざまな問題が出てくるでしょう。その前に、
このスレッドでも多く書き込まれておりますが、日本は地震活動期に入っており、また大きな地震も起きるでしょう。
原発など論外なのですが、それにさえ多くの者は気づいておりません。もう、一つの答えは出ました。日本には愛のある
奉仕精神が旺盛な優れた人間も多くいますので、まだ私は諦めておりませんが、一つの答えは出たと言われます。
ご自愛ください。
103名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:48:37.04
関係しそうなページ(つうか解説記事)

「米朝首脳会談 中国の思惑は」(ここに注目!) 〜解説アーカイヴス〜
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/299526.html

報道で見せたい流れを打っ千切って、解説委員会は平常運転。
俯瞰的、客観的に物事を観ているよな。
ニュース記事だと、中国からの観点で語る記事はブルームバーグぐらいしか見当たらなかった。
104名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:57:29.36
枝葉を脇において、状況だけを観れば、
この状況は、兼ねてから中国とロシアが唱えてきた
「まず交渉のテーブルに着くのが先」
という主張をアメリカが受け入れた形となっている。

この譲歩を以て、アメリカは中国に貸しを与えた(あるいは、借りを返した)ことになる。
ぶっちゃけ「北と交渉のテーブルに着く」ことを材料に中国から経済的な譲歩を獲得することが狙いかもな。
その他の言動を観ても、それが実現された場合に利益を得るのは「中国」と「米国」。

この先も視線を逸らさず関心を持って状況を注視するのが肝要だろう。
そして、その時に「中国の利得」という観点を忘れないように心がけたい。

みたいな。
105名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:59:00.94
トランプって中国のスパイじゃないのかな??
106名無しさん@1周年2018/06/13(水) 17:59:31.52
>>96
マティスは「事前連絡を受けている」と言ってるが多分受けてないだろうな
在韓米軍も韓国軍も知らなかったみたいだから