「イランはさらに孤立」 米朝首脳会談結果をイスラエルが歓迎

2018/06/14(木) 01:31:02.40
「イランはさ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011476821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

「イランはさらに孤立」 米朝首脳会談結果をイスラエルが歓迎
2018年6月14日 4時10分米朝首脳会談

米朝首脳会談について、中東のイスラエルは、北朝鮮と軍事面でつながりが深いイランが、国際社会でさらに孤立することにつながるとして歓迎しています。

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、12日に行われた首脳会談で、朝鮮半島の非核化に関する共同声明に署名しました。

これについて、イスラエルのネタニヤフ首相は、ビデオ声明を出し、「朝鮮半島の非核化に向けた重要なステップだ。トランプ大統領は、中東においてもイランの核開発問題で強い態度で臨んでくれている」と述べ、イスラエルが敵対するイランの問題と結びつけてトランプ大統領を称賛しました。

また、イスラエルの主要なテレビ局は、12日夜のニュース番組で、「米朝首脳会談は、イスラエルにとって極めて意義のあるイベントとなった。イランは、国際社会でさらに孤立し、イランに対する圧力も一段と高まるだろう」として、北朝鮮と軍事面でつながりが深いイランの孤立が、イスラエルの安全保障にとって有利な状況につながることに期待を示しました。

一方、アメリカやイスラエルと敵対するイラン政府は、イラン核合意から離脱したトランプ大統領の言動は、信用できないとして、北朝鮮に警戒するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/K10011476821_1806131950_1806132110_01_02.jpg

14名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:35:02.00
「ホロコースト産業」に従事するシオニストたち(組織)を、騙し屋、宣伝屋、
たかり屋、ゆすり屋と呼び、「ホロコーストのあくどい便乗者どもは、
公的に告発・断罪されるべきだ」

『ホロコースト産業』という本には、様々なシオニスト組織の名前が登場している。
「世界ユダヤ人会議(WJC)」、「ユダヤ名誉毀損防止連盟(ADL)」、
「サイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)」、「世界ユダヤ人損害賠償組織(WJRO)」などなど。

また、この本では、ノーベル平和賞受賞者のユダヤ人作家エリ・ヴィーゼルをはじめ、
ハーバード大学のホロコースト講師であるユダヤ人ダニエル・ゴールドハーゲンも批判の俎上(そじょう)にのぼっている。

◆イデオロギー兵器としてのザ・ホロコースト
◆戦後ある時期までナチ・ホロコーストは注意を払われなかった
◆第三次中東戦争(1967年)が全てを変えた
◆アメリカで“突然流行”し、組織化されていったホロコーストの話題
◆イスラエルが資産になった途端にシオニストに生まれ変わったユダヤ人
◆ユダヤ人の選民意識を強化したザ・ホロコースト
◆アラブにナチズムの汚名を着せようとするシオニスト
◆でっち上げられたホロコースト否定論というお化け
◆年々水増しされる「生存するホロコースト生還者」の数
◆スイスの次はドイツに対するゆすりが始まった
◆和解金のうちわずかしかホロコースト生還者・相続者には支払われない
◆生還者たちが死んでいく中でさらに多くの金がホロコースト産業の金庫に流れ込む
◆民主党の大統領選挙資金の約半分は「ユダヤ・マネー」
◆歴史的事実を発見するためではなく金が目当て
◆スイスの銀行による和解案受け入れは正義ではなくゆすりの勝利だ
◆なぜホロコースト産業はフランスの銀行には比較的好意的なのか
◆ドイツは50年代以降、ホロコースト生還者に600億ドル以上支払ってきた
◆貪欲なホロコースト産業の要求はとどまるところを知らない
◆彼らの主張──ナチの大虐殺を忘れるな、ただし他の大虐殺は全て忘れよ
◆これまでアメリカは「過去の責任」について自身と直面したことがない
◆アメリカ政府は過去115年以上にわたり1372億ドルもをだまし取ってきた

●ところで、現在、「SWC」は「創価学会インターナショナル(SGI)」と連携している。
池田大作(会長)が最初に「SWC」のロサンゼルス本部を訪れたのは1993年1月である。
この時、「SWC」は池田大作に対して「国際寛容賞(人類愛国際賞)」を贈り、池田大作を称えた。

●「SWC」は、「統一協会」とも友好関係を結んでいる。
15名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:36:31.95
ちょwww
16名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:37:50.08
イランいらん
17名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:38:36.74
北朝鮮が終わったら、次はイランだな
18名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:40:37.68
>>1
トランプはもちろんそこまで計算してただろうから
黙っていて欲しいところ。
19名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:40:50.40
>>10
そういう解釈が成り立ち得る
北朝鮮が米側に寝返ったと
したがって、北朝鮮の核は廃棄できなかったとしても米や日韓の脅威でなくなったと
20名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:42:41.07
北朝鮮に巨額の援助決めた6ヵ国協議の茶番劇!“盗人に追い銭”

日本が主張してきた拉致問題は今後の日朝の2国間協議でやれ、と言うことだが、北朝鮮に巨額の支援を与え、
金正日政権の延命を容認したあとでは、拉致問題で北朝鮮が譲歩するわけがない。

 つまり米中は日朝の対立関係を維持し、そのもとで日本の対米属国化に共通の利害を見い出しているのである。

日本はアメリカと北朝鮮の結託による“茶番劇”で、対米属国化の下で長期に金を
搾り取られる事態に直面しているのである。
これはアメリカによる日本の国家予算の略奪である。こんなナメた外交をやる
「同盟国」が信用できないことは明らかだ。
イラクはフセイン時代アメリカの同盟国だったのに“いけにえ”にされたのである。
日本国民はこの事実を絶対に他人事と思ってはいけない!

 アメリカは現在イラクへの米軍の増派を進めており、空母機動部隊などのペルシャ湾
への増強から、イラン攻撃の可能性が強まっている。アメリカはユダヤ人国家の安全に
関わる時と、油田の争奪に関わる時は“本気”になる。

 米軍のイラク・シーア派の民兵への攻撃とイランへの空爆が、ペルシャ湾の封鎖を招き、
日本への原油の90%が一時的に止まる事態もありうるし、そうなれば日本の株価は暴落し、
アメリカの“ハゲタカ”が日本企業株買収の最大のチャンスがおとずれる。

 日本国民は、アメリカの狙いがイラクとイランだけではないことを見ておく必要がある。
つまり西を攻撃することで東を手に入れる戦略かも知れない

今世界は多極化に向けた過渡期にある。
それなのに日本には戦略を語る政治家がいないこと、「対米自立」を主張する政治家が
いないことは情けないことである。
日本国民は、対米追随一辺倒が“安上がりの安全保障”となる時代がすでに終ったことを
知らねばならない。多極化の時代の外交は合従連衡の“多極外交”であり、日本は対米
自立の戦略を持つべき時代がきているのである。
21名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:43:28.19
トランプとポンペオは、北朝鮮に核ミサイル開発の時間を与えたのに、歓迎するんだ。非核化
なんてしないよ北朝鮮は(笑)
22名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:48:41.28
結局今の外交の根っこは「イランを敵視するイスラエル」なんだな

サウジがイランを敵視して子分だったカタールをいじめてるのも
「イラン・イラク・シリア」のシーア派共和国ベルトにちょっかい出してるのも
民主化運動後のエジプト軍事クーデターを承認したのも

ぜんぶイスラエルがらみ
23名無しさん@1周年2018/06/14(木) 02:53:03.93
>>19
米側と言うか、シナと距離を置いて経済的に繁栄したいのかもな

シナってG2クラスの経済大国なのに北朝鮮は餓死がでる有様
シナはアフリカなんぞに投資してないで、もっと北朝鮮に投資して豊かにするべき、と考えてもおかしくない

そのためにアメリカに話つけて、シナと天秤にかけて、もっと支援してくれないとアメリカ寄りになるゾって脅してる感じ

もちろん、シナが隣に親米国家なんて認めるわけないからここから先は綱渡り