ミカン84万トン最低 リンゴ81万トン 基盤立て直し急務 18年産適正生産量

2018/06/14(木) 06:04:35.37
ミカン84万

 農水省は12日、2018年産温州ミカンとリンゴの適正生産出荷見通しを発表した。生産目標となる適正生産量は、ミカンが84万トンと前年より3万トン減り、取りまとめを始めた01年以降で最低水準。リンゴは81万トンで前年並みとした。近年は両品目とも適正生産量が需要量を下回る状況が続いている。昨年末は、悪天候などで不作となり、ミカン相場が高騰。弱体化する生産基盤の立て直しが急務となっている。

 適正生産量は需給安定を目的に、その年に予想される需要量を算定して設定する。

 18年産のミカンの需要量は人口減少などを踏まえて前年より4万トン少ないと85万トンにした。これに対し予想生産量は、着花量が確保できている上、17年産が天候不順や着果不良で不作だった反動もあり、84万トンとした。前年実績の10万トン増を見込む。予想生産量が需要量を上回らなかったため、そのまま適正生産量とした。

 適正生産量から農家の自家消費分などを除いた適正出荷量は、75万5000トンで前年比2万5000トン減。うち生食用は68万トン、加工原料用は7万5000トンを見込む。

 リンゴの需要量は1万トン減の82万トン。一方で適正生産量は81万トンとした。小玉傾向や台風被害で少なかった前年実績を7万トン上回る。適正出荷量は72万5000トンと前年並みで、うち生食用は62万5000トン、加工原料用は10万トンとした。

 両品目とも適正生産量が需要量を下回る中で、同省は「摘果などの栽培管理や集出荷作業を省力化し、生産量の維持に取り組んでほしい」(園芸作物課)と呼び掛ける。

 この見通しを受け、全国果実生産出荷安定協議会(全果協)は14日にミカン、15日にリンゴの県別配分量を決める。

日本農業新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010002-agrinews-bus_all

2名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:05:00.33
マジ安倍最低だな
3名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:06:11.57
基盤表記で勃起した。
4名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:12:08.06
社会主義国かよっ
5名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:13:12.05
バニラ一粒は銀の1粒 (´・ω・`)
6名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:14:13.77
新しい食べ方開発しろ
7名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:27:19.24
さんざん国内産業ぶち壊しておいてこれかよ
8名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:33:36.02
ここ数年、三ヶ日ミカンが箱買い出来なくなったな
まだ三ヶ日じゃない浜松みかんとかなら多少安いが
もうコタツの友じゃなくなったわ
9名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:39:13.63
リンゴも値段あがったよな
10名無しさん@1周年2018/06/14(木) 06:40:34.74
数値決めるなよ
自然のものなのに
11名無しさん2018/06/14(木) 06:42:40.09
不作とか消費者減じゃなくて、生産者が高齢化で減ってるんだよ
毎年、生産量の焼き直しだけならソ連の農業政策と変わらんような気がする