App Store 審査ガイドラインが変更 デバイス上での仮想通貨マイニング禁止、広告の閉じるボタン、連絡先へのアクセス制限など

2018/06/14(木) 13:32:16.87
App St

これは2018年6月4日付けで変更された App Store 審査ガイドラインの翻訳&差分ガイドです。
前回からの主な変更点は、iOS 12 関連、試用期間、仮想通貨、リモートデスクトップ、プライバシー周りなどです。
試用期間は、これまでサブスクリプションで対応していましたが、これからは非消耗型アイテム (Tier 0) で対応可能です。
仮想通貨について、特にデバイス上でのマイニングは 2.4.2 と 3.1.5 で釘を刺されています。
リモートデスクトップについては、直近の Steam Link 騒動を受けて変更したかのような内容。これなら iOS 版の Steam Link が配信できるかも。
プライバシー周りは、全体的に変更されています。おそらく、GDPR を意識したものかと思われますが、GDPR の対象関係無く対応が必要です。明示的に GDPR が登場するのは、5.1.1 と 5.1.4 の 2 箇所だけ。改修が多そうなのは、広告のターゲティング情報開示や同意取消あたりでしょうか。
https://qiita.com/midnightSuyama/items/d1addebbc9a620d28eaa

3.1.5 (b) Cryptocurrencies:
● (ii) Mining: デバイス上での仮想通貨マイニングは不可。
Apps may not mine for cryptocurrencies unless the processing is performed off device (e.g. cloud-based mining).

● (iii) Exchanges: 取引所公式であれば仮想通貨取引の促進が可能。
Apps may facilitate transactions or transmissions of cryptocurrency on an approved exchange, provided they are offered by the exchange itself.

● (v) 成果報酬として仮想通貨の提供は不可。
Cryptocurrency apps may not offer currency for completing tasks, such as downloading other apps, encouraging other users to download, posting to social networks, etc.


3.1.7 Advertising:

表示する広告はアプリのレーティングに準拠。アプリ内でターゲティング情報を開示。ユーザの機密データを利用した広告は不可。ユーザ体験を妨げる広告には広告明記と閉じるボタンが必須。

5.1.2 Data Use and Sharing
(v) 「連絡先」や「写真」経由の情報で連絡は不可。ユーザ主導かつ全選択機能がなければ対象外。送信前には内容の明示が必要。

2名無しさん@1周年2018/06/14(木) 13:37:45.88
神やな
3名無しさん@1周年2018/06/14(木) 13:38:21.91
アンドロイドにはできない対応
4名無しさん@1周年2018/06/14(木) 13:43:48.48
プライバシー、広告のことを考えるとiOS一択だわな
5名無しさん@1周年2018/06/14(木) 13:50:08.33
動画広告の音消しボタンを義務化してくれよ
6名無しさん@1周年2018/06/14(木) 13:51:48.59
暗泥は自由らしいw
7名無しさん@1周年2018/06/14(木) 14:01:45.75
>>4
木を見て森を見ずのバカが
8名無しさん@1周年2018/06/14(木) 14:02:27.16
さすがだなあ
何でもありが泥の魅力だけど林檎のこういう対応は素晴らしいよね
9名無しさん@1周年2018/06/14(木) 14:07:37.27
マイニングは、抜け道を見つけてやるだろうな
10名無しさん@1周年2018/06/14(木) 14:08:24.61
>>1
なんやかんや言ってもこの辺がアップルがまだ信用できるところだな。
11名無しさん@1周年2018/06/14(木) 14:10:41.10
> 成果報酬として仮想通貨の提供は不可
やっぱ、現金ですよねぇw
関連記事