瀕死の新聞業界 朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げる

2017/11/02(木) 18:14:21.67
瀕死の新聞業

http://biz-journal.jp/2017/11/post_21179.html

 一般に、新聞の部数減が止まらない、といわれている。2001年上半期と16年上半期の新聞販売データを比べてみると、読売新聞が1,028万部から901万部、朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げている。一般には、この事態をもって「新聞離れ」が進んでいると論じられている。

 だが、ほかに日本経済新聞(306万部から273万部)、産経新聞(201万部から157万部)を加えた全国紙は、主として関東圏と関西圏でよく読まれているにすぎない。東京にいる人は、地方では地元の新聞がよく読まれていることに、なかなか気づかない。
部数の下がる地方紙、下がらない地方紙


 地方紙・ブロック紙のなかにも、部数の下がっていない新聞と大きく下げている新聞がある。たとえば北海道新聞は123万部から103万部、広島県の中国新聞は73万部から55万部と大きく下げている。新潟日報は49万部から44万部へと減っている。

 だが、そんな状況のなかでも部数を落としていない新聞がある。群馬県の上毛新聞は30万部のまま、栃木県の下野新聞は31万部から30万部、山梨県の山梨日日新聞は20万部から変わらず、長野県の信濃毎日新聞も47万部のままである。とくに山梨県は2001年に88万人程度だった人口が、現在では82万人へと大きく減っているにもかかわらず、新聞の部数減が起こっていない。

 地方紙の場合、部数減の要因には地方の人口が減少するというものがある。11年の東日本大震災で、福島県の福島民報や福島民友新聞は大きく部数を落とした。県外に避難した人が多かったからだ。もちろんこれは極端な事例だが、人口が減り、人が都会に流出するようになると、地方の新聞は部数を減らすのが当然だ。

 だが、それでも生き残っている地方紙がある。こういった地域では、「新聞離れ」が起こっていないのだ。

(略)

952名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:20:52.23
もともと少ない産経の下落率やばすぎるな・・w


もうそろそろ「アレ」しちゃうだろうな・・ww
953名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:20:53.89
>>723
まあ、確かにはらたいらさん漫画家だけどw
954名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:16.29
>>915
元々政府や財界の息がかかってできた。
朝日の旗が何かを考えれば分かる。
大正力の経歴も秘密ではない(終戦後はノーカウントで)
955名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:16.83
>>630
押し紙
956名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:19.69
ニュースなんてネットで見ればタダなのに金払って遅い情報の新聞買ってもな
957名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:21.50
>>939
内部告発ホットラインって、一面にのせておくとよいよww
内部告発の時代だからさー。

謝礼最低¥50000~とかねー。
958名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:26.72
押し紙で水増ししている発行部数を相当数含んでるんだろこれ
959名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:35.33
>>952
朝鮮人は産経新聞を毛嫌いしてますね。
960名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:38.01
アホウヨが信仰するウジ産経も激減してるのはなぜなんだぜ?
961名無しさん@1周年2017/11/02(木) 19:21:53.60
マスコミ関係者は態度が悪い。
関連記事