南方熊楠展に18万人来場 国立科学博物館 東京

2018/03/08(木) 22:21:21.36
南方熊楠展に

東京都台東区の国立科学博物館の企画展「南方熊楠―100年早かった智の人」(和歌山県田辺市など主催)が4日、閉幕した。63日間の来場者は18万1780人で、田辺市の想定した10万人を大幅に上回った。市は「関心の高まりを市への来訪につなげたい」と話している。

 南方熊楠(1867〜1941)は世界的な博物学者。和歌山市出身で、ロンドン留学などを経て、1904年から田辺市を研究と生活の拠点にした。

 企画展には、田辺市中屋敷町の南方熊楠顕彰館から熊楠の日記や書簡、抜き書き(さまざまな文献からの筆写ノート)など約70点を出展。他にも熊楠がライフワークとして取り組んだ「菌類図譜」など幅広い分野の資料を展示した。

 国立科学博物館によると、来場者は開幕から6日間で1万人を突破。2月4日には10万人を超えた。開会中に同館であった第11回南方熊楠ゼミナール(実行委員会主催)は、受け付け開始2時間で定員120人に達した。

 同博物館の企画展示担当は「熊楠に興味を持っている人が、さらに知りたいと思って足を運んでくれたケースが多かったようだ。展示物は自由に撮影できるためツイッターなどのSNSに写真がアップされ、情報が広まりやすくなったことも来場につながった」とみている。

http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=348502&p=more

139名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:31:04.06
ノイマンやアインシュタインとはまた違うタイプの天才なんだろうね。現代でいえば、高校で物理選択と生物選択とかね。
140名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:36:07.65
この人なんか知ってたら少年愛が悪いなんて言えないよね

外国にあった日も熊野におった夜も、かの死に失せたる二人のことを片時忘れず、自分の亡父母とこの二人の姿が昼も夜も離れず見える。言語を発せざれど、いわゆる以心伝心でいろいろのことを暗示す。その通りの処へ往って見ると、大抵その通りの珍物を発見す
141名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:39:48.27
てんぎゃん
だっけ
 
142名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:42:04.42
大英博物館に奉職した時、ラテン語でノートを取り同僚と議論してたそうだから
英国人から見ても突出した学識と語学力あったみたいだね
東大に入学して以降、講義も聴かず独学を通したらしいのにこの学識はやはり異常としか言いようがない
今生きてたら多分アメリカに渡って学者になってるだろうな
143名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:43:17.53
神輿造って 祀るしかないだろう
「熊楠神社」

菅公と、良い勝負になるよ
144名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:44:12.10
1886年12月20日(月)

……夜羽山とよせ(寄席)へ之く。羽山と同辱して寝ぬ。
145名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:46:55.85
>>10
まさにそれ
見たところ常設展示の流れでフワッと入ってきた人がほとんどだったし椅子で眠り込んで休憩所にしてた人もいた
146名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:47:48.54
異常な記憶力からしてやはりサヴァン症候群なのかな
受験で悩む我々凡人は異常な記憶力に憧れるものだが
もし実際にそうなれば、大量にありすぎる記憶に苦しむのかもしれないな
147名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:50:25.83
>>142
その程度で突出とかないと思うよw
当時の博物学関係者ならラテン語なんて普通だし
欧州なら今だって数ヶ国語ペラペラなんてのは普通の人でもザラにいる
148名無しさん@1周年2018/03/09(金) 04:51:38.33
>>147
そうとは思うが同僚のラテン語力が低いと腹立てたりしてるんだよな
相当語学には自信があったようだよ