55歳 けんせつ小町 国家資格に合格 薩摩川内市・湯浦さん

2018/02/27(火) 05:20:39.41
55歳 けん

https://373news.com/_news/topic.php?topicid=220&storyid=90753

(2018/02/26 22:00)
 子ども3人を育て上げ、55歳で新たに1級土木施工管理技士の国家資格を取得した「けんせつ小町」がいる。薩摩川内市湯島町の湯浦良子さん。13年前に夫を亡くして以来、総合建設の植村組で現場事務をしてきた。現場監督として一歩を踏み出し「子どもたちに胸を張れる仕事がしたい」と意気込んでいる。

 もとは夫が同社の社員で、湯浦さんは専業主婦だった。ところが2004年、夫が突如くも膜下出血で倒れ帰らぬ人に。小学生の子ども3人を抱え途方に暮れていたところ、夫の上司が現場事務として声を掛けてくれた。

 社会に出るのは十数年ぶりで、パソコン操作を覚えるのも一苦労。それでも子どもたちとの生活のため、そして「会社に恩返しをするため」仕事に励んだ。女性だけで現場の作業環境を見回るパトロール隊員としても活躍してきた。

 現場監督を志したのは、現場に出入りするうちにものづくりへの興味が湧いたためだ。子育ても一段落し、「年齢的にも最初で最後のチャンス」と、昨夏の試験に挑んだところ、一発合格。2月から同市大小路町の河川工事現場に配属された。

(記事全文は27日付南日本新聞、おはようネット県外版、モバイルサイトでご覧になれます)

2名無しさん@1周年2018/02/27(火) 05:27:11.91
2ゲット
3名無しさん@1周年2018/02/27(火) 05:35:30.15
ゼネコンの監督すら派遣で何の資格も持って無いのに
4名無しさん@1周年2018/02/27(火) 05:42:08.57
あら?
「どぼ女」とか言ってなかったかこういうの。
ダサ過ぎて変えたのか?
5名無しさん@1周年2018/02/27(火) 05:44:18.64
簿記会計3級のわいに死角無し。
6名無しさん@1周年2018/02/27(火) 07:16:03.53
植村組ってAIの実家じゃん
7名無しさん@1周年2018/02/27(火) 07:56:56.08
能楽の小町じゃないんだから・・・・・
8名無しさん@1周年2018/02/27(火) 08:19:49.30
どうでもいいな。
9名無しさん@1周年2018/02/27(火) 09:19:11.24
じゃっせん
10名無しさん@1周年2018/02/27(火) 09:25:28.37
現場監督のストレスすごいのに