大統領選で現職再選 再統合の交渉進展も期待

2018/02/05(月) 06:56:42.51
 大統領選で

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180205/k10011315311000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

2月5日 6時39分
40年以上にわたって南北に分断された状態が続く地中海のキプロスでは、南側のキプロス共和国で大統領選挙が行われ、分断の解消に積極的な現職が再選を果たし、北側との再統合に向けた交渉の進展も期待されています。

地中海の島キプロスでは、1974年にトルコ軍が軍事侵攻したのをきっかけに、ギリシャ系住民の多い南側とトルコ系住民の多い北側で分断された状態が続いています。

南側のキプロス共和国で4日に行われた大統領選挙の決選投票では、分断の解消に積極的な現職のアナスタシアディス大統領がおよそ56%の票を獲得して、分断解消に慎重な対立候補を破り、再選を果たしました。

キプロスをめぐっては、去年、南側と北側のそれぞれの後ろ盾となっているギリシャやトルコも参加して多国間会合が開かれましたが、北側で駐留を続けるトルコ軍の扱いなどで歩み寄ることができず、交渉は決裂しました。

しかし、その後、去年12月にトルコのエルドアン大統領がトルコの大統領としては65年ぶりにギリシャを訪問するなど、後ろ盾の国どうしの関係も変わりつつあり、アナスタシアディス大統領の再選で、北側との再統合に向けた交渉の進展も期待されています。

2名無しさん@1周年2018/02/05(月) 07:02:49.56
かなや
関連記事