幻の清酒444年ぶり復活 滋賀、信長焼き討ちで途絶える

2018/01/21(日) 14:09:32.47
幻の清酒44

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000002-kyt-l25

 滋賀県東近江市百済寺(ひゃくさいじ)町の百済寺で中世まで造られていた幻の銘酒「百済寺樽(たる)」が444年ぶりに復活し、20日に地元の喜多酒造で蔵出しが行われた。復活プロジェクトのメンバーが原酒を試飲し、ロマンに浸った。
 百済寺樽は近江の清酒の発祥だが、1573年に寺が織田信長に焼かれたことで酒造りも途絶えた。地域おこし協力隊員の比嘉彩夏さん(30)が昨春、「多くの人に来てもらうきっかけに」とプロジェクトを企画。活動に協力する20〜70代のオーナー18人と酒米「玉栄」を1万2千平方メートルで育て、稲刈りもした。
 この日は、仕込み作業を担った同市池田町の喜多酒造を11人が訪れて酒蔵を見学、鏡開きをして祝杯をあげた。喜多良道社長(64)によると、やわらかく香りのある特別純米酒に仕上がったといい、メンバーたちは「飲みやすく余韻も味わえる」と笑顔を見せた。
 比嘉さんは「うまいの一言。食事に合いそうだし、長く愛されるお酒になってほしい」と期待を膨らませた。
 一升瓶換算で1600本を商品化し、2月初旬から県内の地酒専門店や同市妹町の道の駅「あいとうマーガレットステーション」で売り出す。四合瓶1250円、一升瓶2500円。

20名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:20:23.25
>>13
基本は食中酒じゃない
21名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:20:57.92
酒の味が激変とかあんまない。
結局は麹の割合で云々なだけ。
22名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:20:59.28
<丶`∀´> 百済寺? 誇らしいニダ。
23名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:21:26.48
ラベルは以下の名と肖像入りで


虐め酒:つかまろ
土鍋酒:濱野
24名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:24:07.68
>>14
昔は神社とゴッチャだしね
今でも神事などに使うから
酒税法上の酒造免許持ってる寺社は多い
25名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:24:14.20
今の清酒の起源。
この寺で寺社領から上がった献上米を原料にして酒を造って売り、寺の貴重な収入源にしたそうだ。
26名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:24:23.61
坊主が酒作ってた、って事?
そりゃあ信長キレるわなw
27名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:24:48.59
百済の酒か

やはり近江朝は百済由来だったのかな
28名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:25:18.34
>>26
学校で僧坊酒習わなかったのかよ(困惑
29名無しさん@1周年2018/01/21(日) 14:26:01.15
元々は、この寺ではなく、和歌山の高野山の末寺が起源だったそうだが。
関連記事