「日本の伝統」の多くは明治以降の発明だった★5

2018/01/07(日) 00:37:52.91
「日本の伝統

周りのみんながやっているから、乗り遅れないように私もやる――誰しも一度はこうした経験をしたことがあるのではないか。仲間外れは怖いものだ。多少ヘンな流行であっても、ついつい乗ってしまうのが人間の性である。

だが、そうして広まったブームも、時間が経つにつれて1つの風習・行事として根付く場合がある。「伝統」だなんて言葉がついていれば、説得力倍増だ。「古くから伝わるものなんだ、絶やしちゃいけない」という義務感すら覚えさせられる。

「古くから」「昔から」とは一体いつごろのこと?

著者はここで疑問を抱く。その伝統、本当に古くからあるのか??だいたい「古くから」「昔から」とは一体いつごろのことなのか??いつからなら「伝統」と呼べるのか??本書『「日本の伝統」の正体』はそうしたモヤモヤを感じる日本の伝統の数々を検証する1冊である。著者は1979年に「星新一ショートショート・コンテスト」入賞を機に数多くのラジオ番組制作に関わってきた名放送作家。脚本家・作家としても活躍し、日本史についての著作も数冊発表している。

目から鱗の逸話ばかりでどこから読んでも楽しいが、日本の伝統に最も馴染み深くなると思われる年末年始や季節の変わり目の行事から見ていこう。

たとえば正月。無病息災などを祈念するため、初詣に行かれる方は多いだろう。この風習、なんとなく大昔からあるような感じがするが、実は誕生は明治中期である。

1872年、東海道線開通が開通し、川崎大師へのアクセスが容易になる。川崎大師は江戸から見て恵方にあたり、行楽も兼ねて参詣に行く人が急増し、特に1月21日の縁日(初大師)は大盛況となった。

とはいえ、恵方は5年に1回しか来ない。当たり前だが鉄道会社としては毎年来てくれたほうが儲かる。そこで、大晦日から寺社に籠って元日を迎える「年籠り」、年明けはじめての縁日に参詣する「初縁日」、居住地から見て恵方にある寺社を参詣する「恵方詣り」といった古来からの行事を組み合わせ、縁日も恵方も関係ない「初詣」をつくりあげ宣伝文句としたわけだ。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/203441

★1)01/06(土) 15:57:22.64
前スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515244994/

952名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:38.69
>>911
そこまで頑なになることないじゃんか
日本は他国文化をさらに発展させてる
つまり他国の発展にも寄与してるわけで
ノーベル賞は確かに凄いわ
しかも結構無名な大学から出てたり
953名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:40.68
>>934
ネトウヨ発狂w
954名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:41.25
廃仏毀釈のWiki見たら、始まりは江戸時代じゃん
過激化していったのは水戸学派のせいだってさ
その影響を強く受けてるのが明治政府
955名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:41.49
伝統ってのは発明されて受け継がれていくもんだろう。
これから何百年も受け継がれていく伝統が今誕生した、とか考えると、すげえロマンじゃないか。
956名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:41.77
>>851
元老はいたけど、元老院なんて明治初期にしか存在しない機関だぞ。知ったかおつ
957名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:42.00
>>449
>問題を勘違いしている奴が多いな
例えば年賀状とか墓参りなんてのは明治以降だろ

年賀状は唐の時代から庶民の間で流行りました。それが奈良時代に伝わった。盆正月に墓参りも仏教と共に奈良時代から
958名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:50.53
スレをまとめると
明治からの保守派は半島人
てこと。

日本会議なんてのは半島人丸出しだから分かりやすい
959名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:55.06
日本人がクジラ肉を食い始めたのも戦後の食糧難の時代だしな
捕鯨が伝統とか笑える
960名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:57.77
江戸時代に大流行した伊勢参りに触れないのは卑怯だと思う
961名無しさん@1周年2018/01/07(日) 02:16:59.20
江戸時代までの本来の日本の文化をぶちこわして否定したのが
明治維新ってことだよね