反響の大きかった論文世界ランキング 日本人医師の研究3位 「女性診察のほうが30日死亡率低い」

2017/12/31(日) 08:10:36.44
反響の大きか

http://www.sankei.com/smp/life/news/171231/lif1712310013-s1.html

 2017年に世界で最も反響の大きかった学術論文ランキングの第3位に日本人医師の研究が入った。全米の急性期病院で働く女性医師の診察・治療の質の高さを、患者の死亡率や再入院率の低さから証明した内容。働く女性を勇気づける論文として、フェイスブックなどのSNS(会員制交流サイト)で拡散し、多くの人に読まれたようだ。

 論文を書いた医師は、米カリフォルニア大ロサンゼルス校助教、津川友介氏。昨年12月の発表時は米ハーバード大の研究員で、米倉涼子さん演じる女医が活躍する人気ドラマ「ドクターX」のセリフになぞらえ、「失敗しないので」と新聞の見出しで紹介された。

 ランキングを作成した英オルトメトリック社は、新聞などのメディアやインターネット上のブログ、SNSでの反響の大きさを独自の指標で集計し、毎年100位までを発表。昨年は、当時のオバマ米大統領が書いた医療保険制度改革(オバマケア)に関する論文が1位に輝いている。

 今年は今月12日に発表され、1位は5876ポイントを獲得した脂質や炭水化物の摂取と心臓血管系の病気の関係を分析した論文。2位は博士課程の学生の研究環境と精神疾患の関係を分析した論文が5060ポイントを集め、筆者はいずれも日本人ではなかった。

 4715ポイントを獲得した津川氏の論文は、11〜14年に全米の急性期病院に入院した65歳以上の高齢者約130万人分のデータを解析した統計研究で、米内科医学専門誌「JAMA Internal Medicine」に掲載された。

 女性医師が診察・治療した患者が入院から30日以内に死亡した確率は11・1%、退院から30日以内に再入院する確率は15%で、いずれも男性医師の患者より低く、その差は「30日死亡率」で0・4ポイント、「30日再入院率」で0・6ポイントだった。

 ■客観的データで先入観覆す 執筆の津川氏

 津川友介氏は、世界3位となった女性医師に関する論文の他にも、外国人医師や若手医師の診察・治療の質の高さを示す統計研究を発表。世の中にありがちな先入観や思い込みを客観的なデータで覆す研究者として注目を集めている。

 今年2月、米有力紙ウォールストリート・ジャーナルが速報したのが米国で働く医師の25%を占める外国人医師の診療の質の高さを示した論文だ。トランプ大統領による中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国一時禁止措置が物議を醸す中、津川氏の論文を根拠に「医療崩壊を招きかねない」と警鐘を鳴らした。

 津川氏によると、反響の大きな論文を生み出す“秘訣(ひけつ)”は、「社会を良くする研究」を基準にしたテーマ設定。東北大医学部を卒業後、臨床医として働いた聖路加国際病院(東京)を辞め、渡米して学者の道に進む契機となった「人手不足で医師や看護師が疲弊してしまう医療現場への疑問」が常に念頭にある。

 専門の医療政策学は、データを解析して医療政策の立案に必要な証拠を提供する学問。日本でも「証拠に基づく政策立案」(EBPM)を取り入れる官公庁が増える中、「研究を通じた発信を続けたい」と話す。

40名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:20:25.95
単に男のがリスクの高い患者請け負ってるんだろ
41名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:21:30.59
産休w育休wでキャリア断絶があるから難しいことには手を出せない女医師も相当だろう
そしてそのキャリア断絶は法律の問題でもなく雇用管理の問題でもなく専門職の業務上必然のもの
42名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:21:57.97
>>40
産休育休の乱用で浦島姫子も多いよな
43名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:22:33.25
浦島姫子
浦島太郎のもじりで時代暮れを表す造語ね
特定の個人をさすのではなく
44名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:27:03.48
つーかこんなクソ論文をacceptした雑誌の編集者や査読者は
一生の恥さらしやろ

discussionで、女医が重症患者を受け持っていないという点について
延々と考察させてるんか?
それでconclusionで女医の方がええという結論を認められるわけないやん
わしが査読者やったら、検討方法の不備で一発rejectやと思うけど
45名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:29:47.05
女は用心するけど男は困難に挑みチャレンジしちゃうんだね。
46名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:31:17.44
>約130万人分のデータを解析した統計研究

>「30日死亡率」で0・4ポイント、「30日再入院率」で0・6ポイント

統計上の誤差としてはどうなのかな
47名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:33:05.34
>>31
急性期病院って、救命救急センターやICUの事。
そこにお客さん的な医者は居ないぞ。
偏見と(ここでの)一次資料の読込み不足のダブルは恥ずかしい。
48名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:34:42.34
>その差は「30日死亡率」で0・4ポイント、「30日再入院率」で0・6ポイントだった。

これって、有意な差なのかな?
49名無しさん@1周年2017/12/31(日) 09:35:59.34
患者側の気持ち的なところはないかね。
男性医師相手には
「お忙しいのに、こんなこと言えないな聞けないな」と遠慮するところを
女医相手には「ここが痛い、不快だ」と言いやすい、
その結果、異常が(とくに数値化されない部分の)みつかりやすいとか。
あるいは患者が女医を信頼してないから
早め早めに訴えを出すようにして
それが異常の早期覚知につながるとか。