銃乱射事件「犯人はIS」説がにわかに真実味を帯びてきた 有力記者が次々指摘

2017/10/18(水) 09:55:28.73
銃乱射事件「

間違いなく「成功者」だったのに、なぜ

10月2日の朝、15番フリーウェイを、ロサンゼルスからラスベガスへ向けて走った。途中、車のラジオが速報を告げる。

<銃撃犯スティーブン・パドックの父親は、1960年代、銀行強盗を犯し、FBIが最も探し求める10人の指名手配犯の一人でした――>

事件は10月1日の午後10時5分に発生した。
スティーブン・パドックが、ラスベガスの高級ホテル『マンダレイベイ』の32階のスウィートルームから、
通りの反対側で行われていたカントリーミュージックの屋外コンサート会場めがけて、10分間に渡り、銃を乱射したのだ。
会場は一瞬にして戦場と化し、58人が死亡、500人近くが負傷する大惨事となった。パドックも自ら命を絶った。

現在までのところ、捜査当局は、犯行の動機を解明できていない。

なぜ撃ったのか?筆者が周辺を取材して得た材料をもとに、そこに迫ってみたい。

犯罪の動機を考える場合、よく指摘されるのが生育環境だ。

実際、パドックの生育環境は平和なものではなかった。
父ベンジャミン・パドックは、車泥棒や信用詐欺などの犯罪を犯し、刑務所を出たり入ったりしていた。
パドックが7歳だった1960年には、父がアリゾナ州で銀行強盗を犯して逮捕される。逮
捕されたその場所は、皮肉にも、今回の銃撃事件の現場となった同じラスベガスだった。

ベンジャミンは懲役20年を求刑されて連邦刑務所に服役したが、1969年には脱走し指名手配される。
指名手配のポスターには”自殺傾向がある精神障害者”と説明されていた。
父親の犯した重大犯罪が、当時、幼少期から思春期を生きていたパドックの心に大きな影を落としたのは間違いないだろう。

しかし、そんな幼少期の不幸を覆そうとするかのように、パドックは人生を着実に切り開いていった。
カリフォルニア州立大学を卒業し、IRS(米内国歳入庁)や航空宇宙産業などで勤務した後、会計士となる。

不動産投資も始め、アパートや商業物件を売買しながら資産を積み上げ、遂には”マルチ・ミリオネア”となった。
そのキャリアは、幼少期の不幸から立ち上がって成し遂げたサクセス・ストーリーとも見ることができるかもしれない。

しかし不動産投資で財をなしたものの、結局パドックは父という「トラウマ」から逃れられなかったのかもしれない。
ベンジャミンは、FBIの掲示板に”熱心なブリッジプレイヤー”と記されていたほどゲーム好きだった(ブリッジは、カードゲームのひとつだ)。

また、脱獄後、1978年に逮捕された時はオレゴン州でビンゴパーラーを経営していた。
パドックもギャンブルというゲームにはまり、”プロフェッショナル・ギャンブラー”としてカジノでお金を稼いでいた。
プライベートでは2度離婚したが、フィリピン人の恋人マリルー・ダンレーと出会ったのも、ギャンブルで著名なネバダ州のリノにあるカジノだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13763243/
2017年10月18日 6時0分 現代ビジネス

2砂漠のマスカレード ★2017/10/18(水) 09:56:12.74
ダンレーはそこでハイリミットのギャンブルセクションのホステスをしていた。
所有していたフロリダの家にも、数えるほどしか滞在しなかったほど、2人はあちこちのカジノでギャンブルする生活を送り、一度に10万ドル費やすこともあった。

そんな暮らしぶりは、傍目には、裕福な引退者に見えたかもしれない。
だが、父が重大犯罪を犯したという過去は彼につきまとっていたように見える。
パドックに6000ドルで買われたという娼婦によると、彼から「父とは関わらなかったけど、俺の血の中には悪い性質がある。
俺は生まれ持っての悪人だよ」というテキストメッセージが来たこともあったという。

犯人の住んでいた家へ向かった

筆者は彼の足跡をたどるため、ラスベガスから120キロほど北のメスキートという小さな街に向けて、車を走らせた。
延々と続く砂漠の中のフリーウェイを走り続けること1時間半、やがて、カジノリゾートの看板が目につき始めた。
メスキートもまたカジノを主要産業とする街なのだ。

事件前、パドックはこの街で暮らしていた。家は『サンシティー』と呼ばれる、
55歳以上の引退者用に開発された住宅地の高台にあった。ゴルフなど野外活動を楽しみながら引退生活を送っている住民が多いピースフルな住宅地だ。

パドックが住んでいた家

公的記録によると、パドックは16年6月からその家に居住しているが、日常的に住んでいたわけではないようだ。
実際、家の前やバックヤードには何も置かれておらず、売り出し中の空き家といった風情だ。家の近くで犬を散歩させていた男性が言い捨てた。

「彼は孤立していて、住民たちとは交わることがなかったと聞いているよ。彼のような人のことを“リクルース(世捨て人)”というんだ」

パドックの隣人も「『ハロー』と声をかけても、うつむいたままで、挨拶を返すこともなかった」とコメントしている。

住民とは断絶するように暮らしていたパドックだが、地元のカジノでプレイする姿は目撃されている。
彼がプレイしていたのは、皆と一緒に楽しむテーブルゲームではなく、一人で黙々とプレイするビデオポーカーだった。

パドックが人と話したがらないところは、周囲からは特異に映っていたようだ。
自分が所有していたアパートに住み込んでいた時も、部屋を賃貸しているテナントと話したくないため、わざわざ人を雇っていた。
また、自家用セスナで飛ぶ時も、航空管制塔とやりとりしなくてはならないようなルートは避けていたという。

生育環境が、彼をそんな性格にしたのだろうか? パドックは、アメリカで言われるところの“ローナー”だった。つまり、人と関わることなく孤立するように生きていた。
そして、一部の心理学者は、ローナーな性格は、大量殺人犯によく見られると指摘している。

しかし、ある意味、彼のように、人とは話したがらず、無愛想に見える人はどこにでもいるし、一人でいることを好む性分の人もいる。
恋人が話すように、パドックはただ「寡黙な人」だっただけなのかもしれない。

前に住んでいた家の隣人に尋ねると「普通の人でしたよ。私たちのことを信頼して、旅行中は家の鍵まで預けてくれたんです」と話している。
また、「人の家の芝刈りをしてくれる“お隣のおじさん”ような、オープンな人柄だったよ」と今年初め、彼が訪ねた銃販売店の店員は話している。

高級カジノホテル『ウィン・ラスベガス』のスタッフも「少し内向的だったが、理性的な人物だった」とその人物像について話した。
彼らはみな、パドックの犯行に驚きを隠しきれないでいる。
3砂漠のマスカレード ★2017/10/18(水) 09:56:43.86
「IS説」は本当なのか

動機が判然としない中、にわかに浮上しているのが「パドックIS説」だ。
実際、事件の翌朝、ISは犯行声明を出してもいる。パドックは数ヵ月前にイスラム教に改宗し、犯行に及んだというのだ。

この声明については、組織が弱体化しているISが、事件に便乗して勢力回復を図ろうとしているという見方が強い。
FBIも、彼が政治的イデオロギーを持っていなかったという理由で、彼とISとの関わりについては否定しており、今回の事件をテロと認定していない。

しかし、そんな見方が多勢を占める中、「犯行声明を無視すべきではない」と主張しているジャーナリストがいる。
IS関係者の取材を続けているニューヨークタイムズのジャーナリスト、ルクミニ・カリマキ氏だ。
カリマキ氏は米メディアにてこのように指摘している。

<ISは、自分たちが関わった攻撃については、誤った声明を出す集団ではない。
ISは死者数を大げさに言ったり、自分たちの果たした役割を誇張したりはするものの、
ISのメンバーにシンパシーを感じている人が行った攻撃については、これまで正しい声明を出してきたからだ。>

しかも、今回の事件では、ISは、最初はパドックが数ヵ月前に改宗してメンバーになったと発表したものの、
数日後には「6ヵ月前に改宗した」と具体的な数字を出し、声明を繰り返している点にも注目している。

実際、捜査当局がISの犯行ではないと主張しながらも、結果的にはISの犯行であったという例は数多いという。
その顕著な例として、カリマキ氏は15年10月末、エジプトからロシアに向かっていたロシアの旅客機が爆破された事件をあげる。

この事件が起きた際、エジプトもロシアも、ISが犯行声明を出したにも関わらず、ISのテロである可能性を否定した。
その後、ISはロシア機爆破に使った小型爆発物の写真を機関誌で公開。最終的に、ロシア大統領府はテロだったと断定している。

もしも本当にISならば…

テロリズム専門家として知られるマイケル・スミスII氏も、ISと繋がっている可能性を排除すべきではないとする立場だ。

パドックがISとは無関係と指摘されている理由の一つに、彼の年齢がある。
通常、ISは若者をターゲットにしてリクルートしているが、パドックは64歳と高齢だからだ。

しかし、スミスII氏はこの見方について、「彼のプロフィールがISメンバーのプロフィールに当てはまらないからといって、ISの影響がなかったとは決め付けられない。
ISは、リクルート範囲を広げており、勧誘する場合も、ISであることを隠しておくよう説得しているからだ」とメディアの取材に答えている。
4名無しさん@1周年2017/10/18(水) 09:57:02.09
韓国人がすぐに日本のせいにするのと同じ、銃の所持規制をしたくない
5砂漠のマスカレード ★2017/10/18(水) 09:57:19.24
確かに、その用意周到な計画性を見る限り、パドックは、一人で“ジハード”しようとしていたかにも見える。
例えば、20年以上かけて47丁の銃を収集したパドックだが、うち、33丁はこの一年で購入したものだった。
銃だけではなく、ISが行っているような車を使った爆撃も考えていたようだ。
銃撃を犯したホテルに駐車していた車に、50ポンド分の爆薬 や1600発分の弾丸も積み込まれていたのだ。

銃撃のターゲットも入念に物色されていた。実際に宿泊したマンダレイベイホテル以外に、コンサート会場を見下ろすシカゴのホテルやラスベガスのダウンタウンの繁華街を見下ろす部屋も予約されていた。
さらには、宿泊していたホテルの部屋のテーブルには、ホテルからターゲットまでの距離や死者数を最大限にするためにはどう銃撃すればいいか、などについて試算した数字を記したメモも残されていた。

銃撃後には逃走する計画もあったようだ。そんなことが、たった一人でできるだろうか? 
捜査当局も、何者かのヘルプがあったとしてもおかしくないと指摘している。

“パドックIS説”をサポートするような報道もある。例えば、彼はISのプレゼンスがある中東の国々にも寄港するようなクルーズ旅行に参加していた。

米・右系メディアは、恋人の母国であるフィリピンにはイスラム系過激派が多いことも指摘している。
パドックは宗教を信仰してなかったようだが、キリスト教を懐疑的に見ていたため、
キリスト教信者の多くが一般的に好んでいると言われるカントリーミュージックのコンサート会場をターゲットにしたのではないかと見る向きもいる。

折しも、銃撃事件が起きた10月1日は、テロ等の不測の事態が危惧されていた日にちに該当していた。
9月30日から10月1日は、イスラム教徒シーア派にとって最大の宗教行事である“アーシューラー”に当たるからだ。
そのため、在米邦人の中には、領事館から、テロの標的となりやすい場所では用心するよう注意喚起するメールを受け取った者もいた。

ISは、メディアの注目を得るため、情報を小出しする傾向があるという。米国の歴史を鑑みても、最も痛ましい出来事の一つに数えられる今回の乱射事件。
そこにもしも「白人系ISによる犯行」という事実が付与されたなら、アメリカ国民が受けるショックはさらに増すことになる。
「せめて、『リクルースの野蛮な犯行』であってほしい」と願う人が多い中、今後、“パドックIS説”を裏付けるような決定的な証拠が出てくるのだろうか。
6名無しさん@1周年2017/10/18(水) 09:57:44.63
金だけを基準にしている記者に何が解るというのか?
7名無しさん@1周年2017/10/18(水) 09:58:21.76
ビンラディン 「俺とおんなじだ」
8名無しさん@1周年2017/10/18(水) 09:58:36.53
ソース: 現代ビジネス ・・・
9名無しさん@1周年2017/10/18(水) 09:59:11.90
「犯人はヤス」禁止
10名無しさん@1周年2017/10/18(水) 09:59:25.80
一瞬カマキリ氏かと思った
11名無しさん@1周年2017/10/18(水) 10:01:21.60
なんでもISのせいにし始めたらトランプの思う壺じゃね