告の控訴棄却 沖縄戦国賠訴訟 福岡高裁那覇支部

2017/11/30(木) 19:54:41.81
告の控訴棄却

沖縄戦で被害を受けた民間人や遺族ら66人が国に謝罪や損害賠償を求めた「沖縄戦被害国家賠償訴訟」の控訴審判決が30日午後3時、福岡高裁那覇支部で言い渡された。
多見谷寿郎裁判長は戦時の憲法下で「国の公権力の行使による賠償責任は認められない」などとして原告の訴えを退けた一審の那覇地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。【琉球新報電子版】

琉球新報 2017年11月30日 16:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-622363.html

2名無しさん@1周年2017/11/30(木) 19:59:08.14
戦争で被害受けたと国訴えて勝ったためしが一度もないからね
3名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:07:32.97
アカ朝日新聞 = 沖縄2紙 = 子供殺しNHK
4名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:08:30.48
これが法治国家だ。
5名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:09:46.61
原告基地外かよ
6名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:14:34.47
またパヨ負けたの?

最近どこかでも負けてたよね?
7名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:21:49.53
戦時中に有効だった旧帝國憲法と当時の法体系に従った判決なのがポイント高いな
そらま事後法やる訳には行かないし
8名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:22:33.81
 

【産経新聞】名誉棄損で敗訴 裁判長「産経新聞の記者は、記事が真実でないことを知った上で、嘘のニュースを書いた」
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1512001835/

産経新聞の記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、神戸市西区の社会福祉法人の理事だった男性らが
産経新聞社などに計1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(大島雅弘裁判長)は
27日、同社側に55万円の支払いを命じた。

 2016年1月4日付の産経新聞朝刊は、社会福祉法人が不明朗な土地取引で約4700万円の損失を
生じさせた疑いがあると報じた。

 判決は、男性が理事の地位を利用して不当な行為をしているとの印象を与えると指摘。
土地がその後に売却され、損失が約920万円にとどまることを記者は知っていたはずで、約4700万円の損失が
維持されている疑いがあるとの部分については、真実と信じた相当な理由は認められないとした。
  
 産経新聞社広報部は「主張が一部受け入れられず誠に遺憾。控訴の方向で検討する」とコメントした。
9名無しさん@1周年2017/11/30(木) 20:47:39.85
アメリカ訴えればいいのに
関連記事