【韓国】ハングルの日を迎え、韓国地方自治体で使用される日本式表現に“物言い”=ネット「理解しやすいなら、使えばいいじゃないか」

2017/10/14(土) 03:53:36.06
ハングルの日

韓国・ニュース1は、地方自治団体が日本式用語など無分別な外来語使用から抜け出せずにいるとし、行政機関で日本語式表現が使われている現状と、それらを韓国式表現にする動きを伝えた。

ハングルの日を迎えた9日、記事は「最近、一部自治体は『ハングル愛条例』を制定するなど、難しい行政用語を簡単な韓国語にするよう努力しているが、古い慣習が残る自治体も少なくない」とし、忠清北道が今年7月28日改正した「忠清北道金庫指定および運営に関する条例」でも「経理」・「委嘱」など日本式表現がまだ使われていることを指摘。

また、「ハングル愛支援に関する条例」を制定し、韓国語を正しく使うことを積極的に実践している忠清北道の堤川市や報恩郡も同様であることを伝えた。

さらに記事は、この他にも忠清北道内の自治体が最近、制定したり改正した条例を調べた結果、「転貸」、「券面金額」、「取引実例価格」、「造林」、「過年度」、「耐久年限」などの一般住民には難しく見知らぬ用語が少なくなかったことを伝えた。

一方、ソウル市など、行政用語の韓国語化を推進している自治体は、「概算」を「目安の計算をする」に書き直すなどの対策を行っている。

記事は、「毎年ハングルの日になると、自治体は先を争い『行政用語を韓国語に浄化する』と報道資料を配布し、(行政資料の韓国語表現への)書き直しを行っている」とし、「しかし、このような事例でも分かるように、条例はまだ『彼らだけの用語』に満ちている」と指摘した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ハングルはダサくて、外来語が格好いいとする風潮がよくない」「専門家が難しい言葉を使うのが問題」「メディアも使っているではないか」「社会の上層部が韓国語だけを使うようにしたら、自然に外来語はなくなる」「メディアが正しい単語や言葉を使って、国民に模範を示す必要がある」など、日本式表現を多用する専門家やメディアへの批判の声が寄せられた。

その一方で、「そもそも、漢字は日本語じゃないだろう。それに漢字語の方が理解しやすいなら、使えばいいじゃないか」と、日本式表現とされる言葉を使用することが批判には当たらないとする意見もみられた。

その他に、「日本語だけじゃなくて、英語もたくさん使っている」「商標や看板には英語があふれている」「条例じゃなくて、法律にしたらどうだ」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

http://news.livedoor.com/article/detail/13725705/

2<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 03:58:16.78
言葉をしゃべるなんざぁ生意気だ
吠えてろ
3<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 04:09:23.37
朝鮮語には返す感謝厚顔無恥が無いから付け加えろ。
4<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 04:11:28.79
丸と棒だけのへんてこ文字は、なにも先入観ない子供の時から、美的センスのない変な文字に見えていた。

韓国人自身も、ハングルはダサいと言っているし、人間の自然な美的感覚からみて、不細工は間違いないように思う。

見てると美的感覚狂うので、日本には書かないでほしい。
5<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 04:56:01.19
漢字を廃止して同音異義語が区別つかなくてカオスな言語なのに、
益々混乱するだろな
6<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 05:13:19.01
>>1
>「概算」を「目安の計算をする」に書き直す
え〜と、「目安」も「計算」も日帝残滓ニダ
「目安」を「xxxxx」に書き直す
「計算」「*****」に書き直す
以下、延々と続く・・・・・・・・・
7<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 05:15:13.24
日本式表現を使った朝鮮人を死刑にすればいいんだよ!
当然日本語使う在日は全て死刑だね
8<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 05:17:03.50
■ 韓国語語彙の80%が漢字語といわれるが、その大部分がまさに日本語に由来■

ネットで「日本語残滓を無くそう」という内容の文を読んだ。
「ハングル愛」運動をする人のブログであったが、「家族(カジョク)」
という言葉は日本語残滓だから替わりに「食口(シクク)」という国語を使おうという主張だ。

ネチズンが好きそうな内容だった。日帝残滓を無くして私たちのものを活かそうという
運動はこれまでもたくさんあったし、日本に対する反感が作用して多くの共感を得たからだ。

しかし、私はそれが「生半可なポピュリズム」という気がする。
その人は現在、韓国語の中の日本語がどれほど多いか知らないからそんなことを簡単に言うのだ。

よく韓国語語彙の80%が漢字語といわれるが、その大部分がまさに日本語に由来している。
注意、請願、交通、博士、倫理、想像、文明、芸術、古典、講義、医学、衛生、封建、
作用、典型、抽象、哲学などの単語が日本から来たものと言うのはよく知られた事実だ。
そのすべてを変えようという話なのか?

こんな話をすると、よく「親日派」「日本人」と言われるのがおちだ。
しかし「家族」を「食口」と叫ぶ人のブログタイトル自体が「XXX文化研究所」という日本語が
混じっているのを見たら、むなしい笑いが出るだけだ。

残念ながら日本式語彙なしに私たちは言語生活が不可能な状況に来ている。

東海と日本海問題は「日本」という特定国家の名前が入っているから気分が悪い。
しかし「黄海」に何の問題があって「西海」に変えよう、と世界を歩き回って名称変更運動を
するのか分からない。ただ私たちだけが「西海」と呼べば良いことではないか。
どうしてそんな名称を世界に強要するのか?

そしてネチズンはそんな人々を愛国者とか独立闘士のように思う。
それでは、地名である「黄海道」も「西海道」と歌い、韓国の西方の海の向こうにある中国を
「西洋」と呼んで、東海の向こうにあるアメリカを「東洋」と呼ばなければならないので
はないか?どうして外国人らが勝手に決めた「西洋」/「東洋」という言葉を使うのか?

韓国は世界の中心ではない。ただ「中心」にいたがるだけだ。

ホクソンタルチュル
9<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 05:17:55.17
>>6
せやね、目安なんていう朝鮮語があったとは思えないわな…
10<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 05:19:37.38
直接 注射 出口 傳染病 電子 動脈 原子 百貨店 入口 時間 決算 企業 小型 工業 廣告 國際
空間 民族 農民 大型 歴史 劣勢 政黨 社會 市場 自然科學 所得 出版 主體 相對 體育 體
操 投資 優勢

これらの言葉の共通点をご存じですか?ちょっと見ればまったく関係ないように見えますが、一つ共
通点があります。すなわち日本が作った漢字という点です。

先月7日、日本の英字紙ジャパンタイムスにアメリカ人ジャーナリスト、マーク・シュライバーさんの
「日本漢字の中国語侵入」というコラムが載せられました。日本の明治時期(1868-1912)、幾多の西欧の
知識と文物が日本人によって漢字に翻訳されました。これらを日本人たちは‘和制漢語’と呼びます。
中国では‘日本漢語’と翻訳します。‘中華人民共和国’、‘一党独裁政権’、‘高級幹部指導社会主義
市場経済’皮肉としか言いようがありませんが、現在中国でたくさん使われるこの三つの用語のうち、
‘中華’の二つの字を抜けば、残りはすべて‘メイド・イン・ジャパン’です。

中国語の中の外来語を研究する専門家の言葉によれば、過去にはサンスクリット語やペルシア語が
影響したと言います。ところが現在、中国語の中に日本漢字が約10%を占めると言います。特に社会
科学や自然科学用語のうち、約70%が日本漢字だと言います。また、英語を漢字に翻訳しながら中国
の古典を借用したことも多いという点もおもしろいです。経済が代表的です。魏国を立てた曹丕が言っ
た「経世済民」を借りてeconomyを翻訳したのです。

このコラムは「日本の明治期(1868-1912)に幾多の西側の知識が漢字に翻訳されて、中国が世界を
理解するのに大きな助けになった。日本のこのような作業がなかったら、今日の中国はどんな姿だっ
ただろうか」という日本で中国語を教える中国人教師の手紙を受けたという文章で始めます。コラムの
終りもその教師の次の文章で終わります。「漢字の起源はたとえ中国でも、私たち中国は‘和製漢語’
のお陰で世界を理解して学ぶようになった。私はもっと多くの中国人たちが、日本のこんな面を知って
くれたらなと思う」

このコラムは中国語にもすぐに翻訳されて多くの中国メディアサイトに載せられました。翻訳された記
事に中国ネチズンたちのコメントが一つも付かない点も珍しいです。

ソース:中央日報(韓国語) [シン・ギョンジンのサーフィン・チャイナ]日本漢字中国語侵入期
ttp://news.joins.com/article/3386377.html?ctg=13

元記事:New Japanese makes inroads into Chinese vocabulary
ttp://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/ek20081007a1.html
11<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/14(土) 05:21:35.11
■ 日本語の中国語への「恩返し」の功績 ■ 中国社会科学院文学院 李兆忠

http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/200303/fangtan.htm

しかし、われわれ中国人は、これに驚く必要はない。率直に言えば、現在の中国で
使われている中国語の語彙の多くは、20世紀初めに日本から導入されたものだからだ。
たとえば、「金融」「投資」「抽象」など、現代中国語の中の社会科学に関する
語彙の60〜70%は、日本語から来たものだという統計がある。

漢字文化圏に属する多くの国家や民族を見回して見ると、漢字をこのように創造的に
「すり替え」、もう一つの漢字王国を樹立し、かつまた中国語へ「恩返し」しているのは、
日本だけだ。

★日本のすごいところは、中国の漢字に対して、受動的にそのまま受け入れるのでもなく、
愚かにも高慢にそれを拒否するのでもない、自発的にそれを手に入れ、徹底的にそれを
消化した後、自分の必要に応じて大胆な改造を行い、自分の言語にしてしまうところだ。
だからこそ漢字は、日本にしっかりと根を下ろし、西洋文化の猛烈な襲来に耐えること
ができたのである。

日本人から見るとおそらく、基本的に一つの漢字に一つの音がちゃんと対応している
四角い漢字は、柔らかくて滑らかな日本語の感覚や、長さにこだわらない語彙とは多少隔
たりがあり、曲線が美しく、簡潔な「ひらがな」こそが、日本人の発想や言語感覚により
合致すると映るのだろう。

たとえば、西洋の科学に関する著作を翻訳する際、清朝末期の中国の学者は
「中学為体、西学為用」(中国の学問を「体」とし、西洋の学問を「用」とする)
という文化的な信念を堅持し、中国の古典を引用して西洋科学の概念を既存の語彙に
置き換えようとした。例えば現在の「経済学」を、「計学」あるいは「資生学」と翻訳したり、
「社会学」を「群学」と訳したりしたのである。しかし結局は、どうにもならなく
なってしまった。

もし日本が、漢字を借用して西洋の概念を置き換えることをしなかったら、現代の中国語は
いったいどのようになっていただろうか。おそらく今よりも寂しいものになっていたのでは
ないだろうか。多分、強い刺激や栄養に欠けているため、すばやく「近代化」することが難しくなったに違いない。

こうした角度から見れば、日本語の中国語への「恩返し」の功績を、われわれは決して忘れてはならないのである。
関連記事